ブルートパーズ

ブルートパーズ

ブルートパーズ
商品について
トパーズは、石英(水晶)より少し硬いケイ酸塩鉱物です。トパーズの化学式はAl2SiO4(F,OH)2で、フッ素やアルミニウムを含み様々な色があります。OH-typeとフッ素の比率が多いF-typeがあり、ブルートパーズはF-typeに属します。主な産出国はロシア、ナイジェリア、スリランカ、メキシコで、日本でも少量産出します。

トパーズはギリシャ語で探し求めるという意味のトパゾスからきています。これは、産出地である紅海のセントジョーンズ島の周りは、霧が濃く島を探すのが難しかったことに由来します。

11月の誕生石で、石言葉は誠実・友情・潔白などがあります。
サイズ
--
使われている石について
ブラジル産のブルートパーズ

こちらのサイトで紹介されている商品は、ぎおん石の各店舗でも販売しております。商品は既に店舗で販売がされている場合もございます。申し訳ありませんが、あらかじめご了承下さい。

SOLD OUT

関連商品